<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * -

フロントガラスウォッシャーが出ない

納車直後に発覚した、ヘッドライトワイパーウォッシャーが出ないのに引き続き、フロントウィンドウのウォッシャーが出てこなくなりました。悲しい
(出てこなくなる寸前、チョロッとノズルからでて、その後だんまりになりました)

ウォッシャーが出なくなる原因として、

・ウォッシャー液が無くなった
・ウォッシャーポンプが逝かれた
・ウォッシャーラインがどこかで外れている
などありますが、一番可能性の高い原因は、「ウォッシャーラインのコネクター(分岐)部分がつまる」です。
こいつがコネクターです。(Washer T Connector for winshield)
ウォッシャーコネクター












これは、850の特徴的な欠陥のようで、対策として、コネクタを分解して、内部を清掃して「つまり」を取り除くか、コネクタ自体を交換するしかないようです。
コネクタ自体はそんなに高価な物ではないので、今回はコネクタ交換しました。

コネクタ交換のためには、ボンネット裏の吸音シートのクリップを外す必要があります。
クリップは楕円形の物と、円形の物の2種類があります。
clip






クリップを取り外すには、どちらもドライバーなどで、90度回転してから、引っこ抜きます。(最初このクリップの外し方わかりませんでした)無理に引っ張っても取れる可能性はありますが、クリップが逝ってしまう可能性がありますので、ご注意を!!
clip way








ウィンドシールド側のクリップを取り外し、吸音シートの裏にある、ウォッシャーの配線を手繰ると、真ん中あたりにコネクタがあります。

3本のウォッシャーラインが接続されていますので、それをコネクタ外し、新しいコネクタに接続しなおします。
しっかりと、ゴムラインが接続されているのを確認したら、吸音シートを戻し、クリップで留めて完了です。拍手

皆さんご存知かと思いますが、850のボンネットは直角まで開くことが可能です。
下記の写真のとおり、ヒンジの部分にストッパーがあり、通常は75度(ぐらい)しか開きませんが、そのストッパーを解除すると、ほぼ直角までボンネットが開きます。

bonnet stopper







コネクタ交換は、ボンネットのウィンドシールド側で作業をしますので、このストッパーを外してボンネットを開いたほうが作業がしやすくなると思います。グッド

今回2週間程度フロントウィンドウォッシャー無しで生活しましたが、ウォッシャーのありがたみがよ〜く分かりました。

コネクタが詰まると突然出なくなります。しょんぼり
もし、ウォッシャーの出が悪いな〜っと言う感じであれば、もう詰まる直前だと思います。 症状が出てきている方は、コネクターを購入しておくことをお勧めしておきます。(ディーラーには通常在庫しているようなので、ディーラーに出される方は問題ないと思いますが・・・)

あっ! ご自分でやられるかたは、自己責任でお願いします。嬉しい


yamady * VOLVO850Rメンテンナス * 13:36 * comments(4) * trackbacks(0)

ディストリビュータ〜スパークプラグ交換しました

本日は天気も良く、風も無く絶好のメンテナンス日和(?)だったので、かねてから懸案だったディストリビューター〜スパークプラグの一式交換を行いました。

午前11時から始めて、昼食およびWBCによる中断をはさみ、17時までかかってしまいました。(趣味でやっているから許される作業スピードですね)

パーツ一式をそろえて・・・(去年から大事に保管してました)

all item















記録用の写真を撮りながら、ゆっくり作業しました。
850Rはターボ用のパイピング等があり、スペースが無い部分が多く、このツールが大活躍しました。
tool






交換の詳細手順は別途UP予定ですが、作業の流れは下記の通り、

1.エアクリーナーBOXをはずす。(ターボへのエアーインテークパイプをはずすのに苦労しました)

2.ディストリビューター部をはずす(ローターのネジが3mmの六角ですが、ナメに注意。コツはジワーではなく、ポンと)

3.ハイテンションコード交換+スパークプラグ交換(5番のプラグをはずすのに苦労しました)

4.デスビロータとキャップを新しいものに交換し、HTコードを接続

5.エアクリーナを元通り装着(これは結構簡単)


スパークプラグですが、大変なことになってました。
spark plug







左から1番〜5番のプラグです。
3番がサビサビ、2番も白くなっています。
ただし、燃焼の状態は良いようです。
アイドリングでバラケタ感じの音がしていたのはこのせいかも知れません。

組み付け直して、エンジンをかけたとき、問題なくエンジンが動いていたことに感動しました。

作業中は、中腰の姿勢が多く、少し腰に痛み来ていますが、やってみるとやはり楽しいです。 また、工具もちゃんとしたものが欲しいなぁ〜っと思いました。
yamady * VOLVO850Rメンテンナス * 20:22 * comments(2) * trackbacks(0)
このページの先頭へ